Yoshi's Blog

Yoshiのぐだぐだな日常

写真のコメントも見てね。コメントはご自由にどうぞ(無関係なコメントは削除しますよ!)
コメントにはちゃんと返事しますので。※無関係なトラックバックが多いので、承認制にしました。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< ナン・タコス スパイスを食す | main | Appleはもっと使い易さを考えるべきだ >>
久々のジャック・ライアンシリーズ
国際テロ (上)
国際テロ (上)
トム・クランシー, 田村 源二

 昨日、本屋でフラフラしていて新刊コーナーで見つけてしまいました。トム・クラインシーのジャック・ライアンシリーズ新刊「国際テロ」。
 上下巻なので、とりあえず上巻を購入。まだ3分の1程度しか読んでおりませんが、グイグイと引き込まれてしまいます。
 極秘に作られた対テロ組織や、そこのエージェント達。なんとライアンの息子までが主役として出てきます。
 一方、アラブテロリストとカルテルの密約等、本当に起こりうる事を題材にしている所が、いかにもトム・クランシーって感じです。
 9・11以降の世界情勢に対する彼なりの「答え」が書かれている様です。とは言っても、それはアメリカを中心とした考え方なんでしょうね。
 とかなんとか言いながら、読み進めるのが楽しみです。睡眠時間が削られていくよ豚
| yoshi380 | レビュー | comments(0) | trackbacks(2) | - |









url: http://blog.nomadic-style.jp/trackback/230756
『国際テロ 上・下』-BOOK
国際テロ (上)トム・クランシー 新潮社 2005-07売り上げランキング : 558おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools国際テロ (下)トム・クランシー 新潮社 2005-07売り上げランキング : 548おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools【あらすじ】ジャック・ライ
| Curiosity-It's my style | 2005/08/29 9:05 PM |
「国際テロ」失敗ないが、高揚感ナシ
「国際テロ」★★★ トム・クランシー著 厚い上下巻の文庫である、 しかしトム・クランシー程の ビッグネームになると あまり躊躇なく手にすることができる。 いわゆる「捨て」が少ないからだ。 こんだけ厚い本を読み始めて 時に味わう「失敗だった」という
| soramove | 2005/10/13 7:48 AM |