Yoshi's Blog

Yoshiのぐだぐだな日常

写真のコメントも見てね。コメントはご自由にどうぞ(無関係なコメントは削除しますよ!)
コメントにはちゃんと返事しますので。※無関係なトラックバックが多いので、承認制にしました。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
3回目の讃岐うどんツアー(その3)
 もう食えんぞと思いつつも、次の店「はゆか」へ到着。
店を見ながら、何食うか考えるけど
 出来るだけあっさり・消化促進を狙おうと「ぶっかけおろし(250円)」を注文。
大根おろしで消化促進なるか?
 ちょっと位の大根おろしで消化促進する訳も無いのですが、悪あがきです(笑)。若干2名がパスしておりました。

 そして最後の店「一福」へ向かうも、到着時には既に閉店後。K1郎さんたっての希望(?)で、カレーうどんが有名らしい「やす坊」へと向かいます。
 カレーうどんは食べませんよ
 さすがにカレーうどんは入りませんねぇ。
本格的なのか?
 ガラムマサラの効いたカレーだとの説明にも、私は無反応ですよ。
もうコレで限界
 一応「ざるうどん(260円)」を注文。これ位あっさりじゃないとムリっす。
ピンボケですが
 コレが看板メニュー「激カレーうどん(鶏手羽元入り500円)」、写真はボケボケですが、ご勘弁を。K1郎さんが注文した後に数人頼んだらしいのですが、鶏手羽元が無くなったらしく、無しの400円に自動的になってたみたいです(笑)。なかなか旨そうな匂いしてましたねぇ。

 6軒回ってもう限界。毎回ペース配分が出来ず、惨敗気味なツアーでしたが、また機会が有れば行きたいですね。

 神戸に帰ってから「ちょこっと」で一杯呑んだのは別腹です(笑)豚
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(2) | trackbacks(2) | - |
3回目の讃岐うどんツアー(その2)
 2軒目にして結構腹一杯のまま、次の店「池内」へ。表に看板は有るもののどこが入り口?と思っていると、皆さん家と家の間へ入っていきます。
この奥に店がっ
 家の裏庭が店って感じとなっております。テーブルも1つ位。親子連れが蕎麦を食べておりました。
この奥でうどん茹でてます
これは蕎麦を注文するかな?と思ったのですが、10分位かかるとの事で断念。冷たいうどんが無いと言われ、熱いのを頂きます。
えらくシンプル
 ここまで1時間ちょっと。ペース速くありませんか?

 次は人気店らしい「山越うどん」へ。店の前に長蛇の列。警備員が交通整理しておりますよ。駐車場は学校の校庭位有るし。
 到着がちょうど12時、並んでるのは当然か。列の最後尾に行くと、前の人から「最後尾」の札を渡されます。店の人が持ってるのかと思ったら、一番最後の人が持つみたいですね。
なんか公園みたい
 並べば少しは消化されるかな?などと思いつつ、約30分程並んで店内へ。オバチャンが次々と注文を聞いてます。「釜上げ卵うどん(150円)」を注文し、天ぷらには見向きもせず支払い。店の外の公園みたいな所で食べます。
玉子が半分固まってたよ
 かなり早いペースでうどんを注いでいるので、玉子が半分位固まってました。つけだしをかけて頂きましたが、玉子はもっと生の方が個人的には良かったな(忙しい時間帯は仕方ないか)。
こんな所にもオバチャンのキャラが
 アッチコッチにオバチャンのキャラがありますねぇ。皆さんここでお土産の半生麺を買ってました。
 もうあんまり食えんんぞ、と思いつつも、次の店へ移動です。

 その3へ続く
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
3回目の讃岐うどんツアー(その1)
 5月19日(土)、mixiコミュ「真・讃岐うどんツアー」の企画にて3度目の讃岐うどんツアーへと行って参りました。
 最初は人数が多いので、参加をどうしようかな?と思っていたのですが、車を出すと言っていたヒトデナシがドタキャンしたりして、結局10名2台にて向かう事となりました。
 メンバーは、おがちゃんWakkyさんご夫妻・K1郎さん北小池さんご夫妻・ミホさん・びわさん・あっちゃん、と私です。
 おがちゃん号のカーナビに導かれながら、最初の店「谷川製麺所」へ。
この状態では何が何だか
 外観見ても、農家の倉庫?てな感じの所です。実際周りは農地ですし。
コレが無いと名前すらわかりません
 中に入り、うどんの箱に「谷川」と書いてあるのを見て、やっと名前が判るような感じ。
 小150円を頼んで、丼に入ったうどんを受け取ります。鍋に入った出汁を自分でかけて完成というスタイル。
タケノコたっぷり、案外濃いめの味
 出汁といっても、こんな感じで具沢山で濃いめの味付け。うどんも小という割には結構多い。1軒目からコレで大丈夫か?
 テーブルにある一味(だと思う)をかけたら、コレがやたらと辛く、2軒目辺りまで唇が辛かったですよ。

 2軒目「もり家」は案外近く、前のうどんが消化し切れません。すっかり店の写真を取り忘れてるし(何を焦ってるんだか)。
 「特上もりもりうどん(580円)」というのが有って、それをネタ的に注文しろと言われます(私も乗り気でしたが)。
コレに騙された
 店の外の見本を見る限りでは、そんなに多そうでも無かったのですが。
見本より遙かに多いよコレ(涙)
 出てきたら、見本の1.5倍位(いやもっとか?!)。これで小ですか?ホントに?
 すでにペース配分が崩れましたね。しっかりしたうどんが多い上に、ちくわ天がデカイ。半熟玉子の天ぷらも旨いけど・・・。珍し梅干しの天ぷらが乗ってました。 
 完食するも、この後の予定4軒。最後まで食べられるのか<自分

 その2へ続く
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
讃岐うどんツアー−9月30日−
 9月30日、讃岐うどんツアーに便乗してきました。参加者は、車提供おがちゃんWakkyさんご夫婦、K1郎さん、いまゆさん、もっくんさん一家(4人、ベンツにて前日入り)、そしてmixiでこのツアーを見つけて参加されたとんさん(横浜から飛行機で前日入り!!)と私という大所帯。
 この日の予定は6軒。無事回れるでしょうか?

白川うどんの外見
 まず1軒目は「白川うどん」。場所は田んぼのど真ん中。どうやって車で行くのかでしばし迷うも無事到着。もっくんさんのベンツが脱輪しないかと心配で心配で(道が狭いので)。
 前回、前半セーブしすぎて失速ぎみだったので、今回は最初から天ぷら入れますよ。
半熟玉子天をプラス(どちらも食べかけ)
 小うどんに半熟玉子天を付けてお金を払おうとすると、おばちゃんが私の体型をみて大の値段を言います。聞き返すと、笑いながら訂正されました。食べ始めてから写真撮るの忘れてたので写真が食べかけになっちゃいました(笑)。あっと言う間に完食、ウマイ。

 次に向かうは「須崎」。外見が判りにくいらしいのですが、どうにか到着。
左側は雑貨食品店な須崎
 ホント雑貨食品店な感じで、横からはいると奥で製麺しているというお店。食べる場所も有りませんから、作業台の上にうどんが並べられます。
人数分が並ぶ
 ダシ等は作ってないので市販のものをかけ、ガツガツと通路で立ち食いです。太目でモッチリしたうどんは、手作り感ありありでウマイです。この近所の人は幸せですねぇ。

 次に向かうは「橋村生麺所」。製麺では無く生麺です。
「生」だそうです
 目の前でどんどん揚げてる天ぷらを見て、ちくわ天を入れる事に。薬味にみょうがやとうがらし等、ちょっと変わった物が置いてあります。
とうがらし入れすぎました(涙)
 調子に乗ってとうがらしを入れすぎ、最後の方はエライ事になりました(笑)。天ぷらの衣にしっかり味が付いていて、これだけでも美味しかったです。

 さすがにちょっと食ったなって所で、次の店「SIRAKAWA」へ。
SHIでは無く、SIです
 ここはカレーうどんが美味しいらしいのですが、たぶんムリだと思い、メニューを見て決めたのが「葱油醤油うどん(たこちく天付き)」です。
葱油が見えにくいですが・・・・・・
 写真ではほとんど判らないと思いますが、うどんの中央に葱油がかかってます。葱油ラーメンの様にコッテリかと思いましたが、意外とあっさりで美味しかったです。個人的にはもうちょっと葱油かけてほしかったなと(笑)

 そろそろヤヴァイかな?という感じですが、次の店「橙屋」へ。
割と普通にうどん屋って感じで
 店員も若く綺麗な店ですね。「肉汁つけうどん」が美味しいらしいのですが、肉汁ってのがムリっぽいので、「ぶっかけおろし」にしました。
ぶっかけおろし
 乗っているのがレモンでは無く橙だったらもっと良かったのにな、という感じ。まぁ橙乗せてたら採算合わないでしょうが(笑)

 もうええんとちゃう?と思いつつも、最後の店「ジャンボうどん高木」へ。最後にジャンボって・・・・・・・。
ここにきて、ジャンボとは
 ここは大食いでタダになるとか1年無料になるとか有るそうです、6軒目なので釜揚げ小でも多い位です。
小でも多いですよ
 壁一面に大食い成功者の名前や感想が。ジャンボ(4.5玉分)を3杯、18分で食った人はたぶん人間じゃないです(笑)。

 この後、横浜へ帰られるとんさんと駅で別れ、もっくんさん一家ともお別れです。我々はお土産を買いに地元スーパーへ。各自うどんやだし醤油を買い、神戸へ帰ります。

 神戸に帰ってから、おがちゃんと焼肉・立呑と行きましたが、立呑でほとんど寝てました(笑)。

 皆さん程「うどん」に思い入れが有る訳でもないのですが(爆弾発言か?)、楽しく1日過ごせました。また機会が有れば参加したいと思います。

 翌日昼から酒呑んで散財するとは、この時は夢にも思ってませんでした(笑)豚
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(6) | trackbacks(2) | - |
上海4日目−5月15日
 さて、今日は帰国の日。朝8時50分の飛行機の為、ホテルロビー集合は6時です。その前にチェックアウトしないといけないので、5時半にはロビーへ向かう予定です。
 一応寝たのですが、咳が出て1時間毎に目が覚める始末。何だかボーッとしたまま朝を迎えました。ロビーへ向かうと他のツアー客はおらず、私達だけ。チェックアウトが早く終わり、30分程する事ナシです。
 しばらくすると、ぞろぞろとツアー客が出てきます。こんなに沢山このホテルにツアー客居たのね。
 6時前に点呼が始まり、バスへ移動です。ここから空港まで約1時間。高速道路だけど、道が悪いのでバスが跳ねます。S氏は横ですっかりお休み。乗り物で寝れる人はウラヤマシイ。
 バスから降りると、ほとんどの人が東京行きへ乗る人でした。行きも一緒だったおっちゃん5人組と私達だけが関空の様です。
 JALのカウンターは一番端。カートを押してカウンターへ。荷物を預けて出国審査を通り、出発ロビーへ。
 S氏は煙草が吸いたいので、吸えるカフェへ。そこでコーヒーとサンドイッチで朝食です。機内食が出ると思うのですが、S氏は乗ったら寝るから食べないと。私は食べますけどね(笑)
 搭乗口は空港の端の方。近くのお土産物売り場を見ると、ブースだけ有って中はカラ。この辺りは最近増設されたのでしょうね。次々と拡張工事をしている様です。
 する事も無くひたすら待って、やっと搭乗。なぜか搭乗時にパスポートとチケットの確認が(後から知ったのですが、JALがチョンボしたかららしい)。
 席に着き、行きに見れなかった映画を見る準備を。見たかった映画とは「輪廻」だったのです。どこまで見れるかわかりませんが、見れる所まで見ますよ。
 そうこうしている内に出発です。
 あっと言う間に機内食が配られます。眠たいので、飲み物はコーヒーを頼みます。で、機内食を見ると、
朝からウナギです
 何と、ウナギですよ。コーヒーとウナギは食い合わせはどうなんだろう?と考えつつも食べます。所々ご飯に固いのが有りましたが、完食。その間も「輪廻」は見続けています。
 空いている席にS氏が移動したので、食べ終わった機内食を横の席に置き、コーヒーのお代わりを貰いながらも映画を見続けます。が、やたらと揺れて機内放送が入り中断が。その上予定より早く到着すると。盛り上がった所で機内放送は止められてしまいました(涙)
 気流が悪いのか、到着まで揺れまくってました。でも無事到着です。トラブル無くて良かった。
 事務所に一度行き、荷物を置いてしばらく休憩してから帰宅。あぁ神戸はコンパクトで良いですね、などと思う訳です。
 家に帰り、晩飯食ってから風呂に入ろうとしたのですが、眠ってしまった様です。これで5日もお湯につかってないや。朝起きてシャワーあびました。

 翌日も普通に朝から仕事です。せめて1日休みたかった。疲れが取れません、年ですかね?
 そんな訳で土日はゆっくり休みます。
 問題は風邪薬飲んでいるので、酒が呑めないのです。これはイタイ豚
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
上海3日目−5月14日
 今日は晴れ。雨じゃなくて良かった。
ホテルの裏側
 ホテルの廊下から外を見ると、かすかに青空も。でもいつも霞んでます。
上海の晴れはこんなもん
 今日も七浦路(チープールー)へ。S氏が見て回りたいとの事。日曜日の昼前に現地に着くも、歩道を歩けない程の人。R氏から鞄は必ず前にしてと指示。こう人が多いと、スリやひったくりが心配の様ですね。そんな訳で撮影はナシです。
 5階有る問屋街をグルグル見て回りますが、下層は怪しさイッパイです。コピーな服なんかがかなり見受けられます。上層へ上がると店もちゃんとしてて、ブランド品なんかも。あやしい日本語も見受けられます。これが本物かどうかは不明ですが(笑)
 この辺では食事やお茶が出来ないので、またホテルの方へ戻ります。R氏の奥さんが買った物を交換しに行くと、南京東路の百貨店へ。ここはちゃんとしてますね。アウトドアコーナーでは良く知ったブランドと共に中国のブランドらしいのが。日高と書いてNIKKOと読むらしいブランドのコーナーが有って、テントやウエアなどが売られてました。さすがにちゃんとした店は高いですね(笑)
 S氏が疲れたから足マッサージに行こうと。そういえば前日も行ったのでした(書き忘れてました)。前日は足のみで98元の高級店でしたが、今日は90分68元の安いマッサージ店が有ったので、行ってみます。上の階には焼肉屋が。
 足をメインに手や肩や背中も。足をおもいっきり開かれるとは思っておらず、イタかった(笑)
 また上島にコーヒーを飲みに行き、南京東路をグルグルと。何か記念に買買うかとCDショップへ。入り口付近にヒット曲のCDが有るだろうと見ると、「大塚愛」や「BoA」が。それも日本仕様のまま。中国人歌手のは無いのかと探すと、店の一番奥。色々見ていると「DVD、DVD」とおっちゃんが寄ってきます。店の中までコピー商品売りに来るのね(笑)。良くわからないので、ベストアルバムみたいなのを購入。3枚組で14元、約200円て所ですか。
アヤシイけど、正規品らしい(家にて撮影)
 かなりの時間をブラブラして、晩飯へ。マッサージ店の上の焼き肉屋へ。

 「五牛村」という日式焼肉の店へ。割と広い店内はガラガラ。日曜日の晩飯時なのにね。メニューを見ると、(確か)48元と68元の食べ放題コースに102元飲み放題食べ放題コースが。S氏が単品でええやろ?と色々言ってたのですが、286元のコースを注文する事に。3人なのに2人用コース頼んでます。さすがにココはビールだろうと青島を注文。
 なんだか良くわからない突き出しが出てきました。バクバク食べられたので、写真はナシ。
 コース内容を見てなかったので、何が出るのか知りません。
食べかけだけど、見事な冷凍塩タン(笑)
 とりあえず、塩タンから来ましたが、見事な冷凍モノ。カチカチでした。
 タレとレモン汁が入った小鉢が運ばれてきた後になぜか醤油が。
微妙な感じのキムチ
 一応キムチも。大根が萎びてて、何だかアヤシゲ。味は、まー普通なのかな?
メインの肉
 メインの肉はスーパーの焼肉用パックを皿に置いたみたい(笑)
焼肉で刺身がっ!!
 いきなり刺身が。醤油の意味がここでわかりました(笑)
ガスの鉄板です。韓国製
 焼くのはガスの鉄板。ハングルが書いてあるので、韓国製ですね。どの辺が日式なんだろう?
青島の大瓶、日本では見ないよね(たぶん)
 ビールは10元でみな値段が同じだったので青島を頼みましたが、大瓶が来るとは。そういや以前も同じ事が(学習能力ナシ)。日本のビールは小瓶が来ますね確実に。
 この後も、石焼きビビンバや豆腐チゲ(中身は水炊きでしたが)に茶碗蒸しまで。チシャにニンジンスティックとキュウリスティックにスライスニンニクが付いていたりと。日式といいながら、日本と韓国がごっちゃな感じです。
店の窓から上海タワーが
 久しぶりの焼肉で、割と堪能しました。味は日本の安い食べ放題焼肉と同じ様なものでしたが(笑)

 明日は帰国。8時50分のJL620便の為、ホテル出発は6時だそうです。チェックアウトの時間を考えて、5時半には部屋を出る予定に。
 ホテルに戻り、R氏と雑談後お別れです。「再見(サイチェン)」と握手を交わし、私も自室へ。ちゃんと起きられるかが不安です(笑)

「上海4日目−5月15日」に続く豚
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
上海2日目−5月13日
 あまり寝付けず朝を迎えると、外は小雨。とりあえずペットボトルの水を飲み、薬を飲む為に適当にスナックなどを食べます。実は渡航数日前に風邪を引きまして、どうにかこうにか治りかけて来ちゃったのです。入国審査で、鳥インフルエンザの疑いで引っかかるかもとドキドキしてたのです。

 今日は午前中から市場へ。コーヒーが無いとダメなS氏と喫茶店へ。以前に来た時は「真鍋珈琲館(日本の珈琲館の現地法人だと思う)」によく行ったのですが、今回は「上島珈琲」へ行きました。この「上島珈琲」は日本の上島珈琲とは関係なさそうです。なんせ看板に「台湾」の文字が(笑)。中国ではコーヒーは高級品だと思います。ホットが25元(約350円)しますから。モーニングサービス(25元)が9時半〜10時半と短く、店に入ったタイミングで終わりでした(笑)。メニューを見てると、店員の女の子がスペシャルブレンド(85元)をしきりに勧めますが無視です。ホットとサンドイッチで朝食を済ませ、目的地へ。
 前回も来た「豫園(ユーユエン)」の市場へ到着。今回はホテルからタクシーでワンメーター(11元)の距離なので、移動がラクです。
 「豫園」自体は庭園があり立派な観光地ですが、スグ横に問屋街が有ります。相変わらずゴミ溜めみたいな所ですが、上の方は改装中でキレイになっていると。目的のお店へ行き、キレイな階に有る倉庫へ。同じ建物とは思えない程にキレイになってました。でも立て付けが適当なところが中国ぽいですね(笑)
 買い物の内容は秘密ですが(笑)、買った荷物を預けてお昼へ。有名な中華料理屋へガイド役のR氏に連れられて行きます。そこそこ高級なお店らしく、外国人が多いですね。適当に肉とか魚とかを食べます(写真無し)。笑ったのが、炒飯が家で作ったみたいにベチャっとしてて、具がハムやソーセージだったこと。今までの料理は何だったの?という位の落差です。
 食後は、荷物を受け取りスーツケースを購入(250元)、一度ホテルへ戻ります。
 そこから七浦路(チープールー)という服の問屋街へ。ここへもワンメーター位ですね。タクシーを降りると、周辺は全て服飾関係の店。そのスケールはハンパじゃ有りませんね。土地が広いからか、何もかもデカイですよ。
 問屋街と言っても、小売りもしてる様です。土曜日の午後なので、若者や家族連れが押し寄せております。S氏に連れられ、目的の店へ。用を済ませて、お茶を飲みに行こうとすると、レストラン街が無くなっているそうで。仕方がないのでホテルの方へ戻ります。
 ホテルへ戻り、南京東路をブラブラ。この通り、幅が4車線位有る歩行者天国(死語)になっていて、全長1キロ位も有るらしいです(もっと長く感じましたが)。小さなバスみたいなのが、何台も往復で走っている以外は車も自転車も無いので、安心して歩けますね。
 うろうろとしていると「上島珈琲」の呼び込みが。朝行った場所と違う所の様ですが。喫茶店の呼び込みって・・・・・・・結局その店に入りましたが。
 コーヒーを飲みながら休憩していると、外はすっかり暗くなってきました。
夜景−その1

夜景−その2
 スゴイネオンの量。電力不足が心配されている中国で、これはどうか?とR氏に聞いてみると、夏場は9時には消すそうです。また、周りの都市が電力の供給をしてくれているとか。観光地の維持も大変ですね。
 晩飯を何食べるかと歩いていると、日本料理の様な物が。デパートの上に食堂街が有る様で。見れば日本のラーメン屋だとか居酒屋などが入っている様。とりあえず、そこへ向かいます。
 「三角山」という炉端(何処に炉端が有るのかは不明ですが)居酒屋で、適当に定食を頼んで食べました。ホント普通の日本の定食。写真撮る程の事も無いので、写真はナシです(こればっか)
 食後も南京東路をうろうろして、ついでに記念撮影。
たまには記念撮影なども(笑)
 お茶などを買い、ホテルへ戻ります。
 予定より早く動けたので明日はゆっくりしましょうって事で、シャワーを浴びて早めに就寝なんですが、寝付けずにTVをぼーっと見てました。ハリウッド映画も日本のドラマも中国語に吹き替えられているので、見てもしゃーないなーと言いつつも見てました。寝酒用に持って来ていた焼酎を少し呑み、どうのか就寝です。
 なんだかんだと言っても、実質明日1日のみ。明日はどうなることやら。

「上海3日目−5月14日」に続く豚
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(8) | trackbacks(0) | - |
上海1日目−5月12日
 5月12日〜15日まで上海に行ってきました。今回は一応「仕事」なので旅費は出しておりません。

 関西国際空港発・上海浦東(PU DONG)国際空港行きJL629便にて上海へ。出発が日本時間18:15分、到着が上海時間19:35分。時差は−1時間。ホテルに着くのが21時位ですかね?
 一応ツアーなので、2時間前に集合ですが、一緒に行ったS氏が両替するのでそれより1時間程前に関空到着。ゴールデンウイークも過ぎ去った平日、関空は閑散としてますよ。両替もスグ済み、チケットを受け取り荷物を預けて暇つぶしです。
 出発ロビー1階下のカフェで暇つぶし。S氏はとりあえず煙草が吸える場所を求めセルフの店へ。私はコーヒーバーでガブガブコーヒーを飲みまくりです。
 1時間位暇をつぶして、ゲート内へ。S氏は喫煙コーナーが有る場所が良いというので、その近くへ。私はする事ナシ。ノートPCが有れば、色々出来るのにね。有線・無線LANにコンセントも使い放題になってるのに。
 やっと搭乗時間。今回はB767なので、少しは大きい。エンジンより前の左側窓側の席へ。ををっ、TVが付いておりますよ、さすがJAL。
 出発して水平飛行に入ったらスグ機内食が配られました。機内は結構ガラガラ。だもんで配るのが早い早い。デジカメ出すヒマもなくそのまま食べました(笑)
夕暮れなので、月が見えますよ
 気が付けば後ろの方に月が。デジカメで撮影するとえらく小さくなっちゃいますね。
 映画は中途半端になるのと、見たいのが無い(と思いこんでました)ので音楽を適当に。2時間程のフライトは、水平飛行の時間が短いですね。到着寸前に見たい映画が有った事に気が付くが、すでに時遅し(涙)。
 上海に近づき降下を始めると、窓に雨が。現地は結構な雨の様。着陸後、外を見ると結構降ってます(涙)
 前回の様にラッシュ時間では無かったので、入国審査はあっという間に終了。お迎えの人に連れられ、ホテルまでマイクロバスで小一時間。
 夜で雨、何も見えません。バスのフロントガラスも曇ってますよ。こんなんで100キロ以上で走ってるから信じられませんよ。
 ホテルは「南京飯店」という1931年に建てられた古いホテル。一応2004年に改装したらしい。立地が南京東路という繁華街から歩いて1分の距離なので、食事などには便利な場所です。向かいには中国のコンビニや焼肉屋(たぶん羊肉)、1元の饅頭屋などが有ります。
 ホテルに着いてチェックイン。保証金に1部屋100元が必要だと(怒)。
 ホテルには、前回もお世話になった中国人R氏が待っててくれました。ホテル1階のレストランがえらく盛り上がっていると思ったら、結婚披露宴の最中でした。酒呑んで暴れている人を見ると、どこの国の人も同じだなって思いましたよ(笑)
 部屋に荷物を置き、機内食食ったけど食事へ。
 小雨降る中、南京東路をブラブラ。S氏がパスタか何かが食べたいと言い、百貨店の地下のイタリアンカフェへ。
 適当に頼んだペンネアラビアータ、どう見てもペンネじゃ無いよね。やたら辛いと思ったら、ピーマンじゃ無くて青唐辛子、タネもタップリ。珍しく食後のコーヒーに砂糖を入れましたよ。
 ホテル前のコンビニで水を買い、雑談をしてから就寝です。
 自室へ戻り(今回はシングルなので)、TVを付けるも中国の放送しか入らない様。とりあえず音楽番組を探してBGMに。シャワーを浴びます。設備はチャチなので、自前のシャンプーで。ボディーソープを忘れたのがイタかった。
 すでに午前1時過ぎ。朝は早いので寝ます。

「上海2日目−5月13日」に続く豚
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
上海4日目 11/05
 本日は帰国日。朝7時ホテルに迎えが来ます。チェックアウトが有るので6時30分には部屋を出て、チェックアウトの手続き。特に払う金もなく終了。
 外は雨、結構降ってる。予定時間の10分程前に迎えが来て、バスに乗り込む。後1組がまだだという事でバスの中で15分程待っていると、中年夫婦が遅れてやって来た。どこにでも居るな、こういう人って。
 空港までの高速道路、道が悪いのかバスがバンバン跳ねる。あぁやっとこの荒い運転から解放されるのかと思うとちょっと嬉しい。
 荷物持って航空会社のカウンターへ。荷物預けてチケット受け取る。
 さて出国審査ですよ。事前に出国カード書いてたので、問題なく通過。チケットに書いてあるゲートナンバーを見るとエスカレータが。またバスですか?エスカレータ下ると、やっぱりバスだった。時間が有るので、また上に戻ってウロウロとします。
 元が残ってたので、ここでお土産でも買いますか。色々見回してお茶を購入。プリッツの四川味とか売ってましたが、高いのでパス。
 おばちゃん連中は円で購入してますよ。円が使えるならもうちょっとお土産買えば良かったかも(笑)
 またエスカレータを下ってゲートまで。搭乗時間になっても来てない人が呼び出されてます。みんな日本人、なさけなや。
 1時間以上待ってバスへ乗り、飛行機へ。また小さいなー(涙)。雨の中、濡れながらタラップを登り機内へ。席は通路側。腕が席からはみ出します。席のパンフレットを見ると、ボーイング737だよ。757より小さいやん。
 空いてるのかな?と思ってたら、あっという間に満席に。周りはオッサンばっかり(涙)
 雨の中、やっと動き出します。あっさり飛び立って一路関空へ。天気が悪いので揺れまくりです。最初から最後までシートベルトサインは消えませんでした。
 まだ上昇中なのにフライトアテンダントはおしぼりを配りだします。まぁ慣れてるんでしょうね、こういう状況には。
 朝飯食うヒマが無かったので、機内食が朝食ですが、時間的には昼食ですね。今度は一応2種類有りました。
 「ごはんですか?麺ですか?」と言われ、Y氏はごはん。そうすると私は麺ですね。
ライスはこんなの。うなぎも乗ってました
 ごはんの上に何やら色々乗っております。うなぎも乗ってました。
麺と言うから中華かと思ったらモコモコパスタでした
 麺はモコモコになったパスタにチャーシューに豆に出来損ないのナルトの上から中華風ソース。ハズレでした(笑)
 飲み物は、酒を止めてウーロン茶。Y氏は行きの機内でビール2缶呑んで、トイレが近くなったのを反省してかウーロン茶でいいそうです。
 行きより狭い機内。食事や飲み物を運んでくるフライトアテンダントが腕に当たりまくります。ま、えーけど(笑)
 行きよりボロイこの機体。天井見ると、パネルがズレてガタガタ音を立ててます。ポロッて落ちてこえへんやろな?
 何のトラブルもなく関空へ到着。その後も何の問題もなくゲートをくぐりました。
 S氏が関税払って出てくれと言われてた為に申告をします。「カバン空けていいですか?」と言われカバンを空けます。中身のほとんどはS氏が売ると言って買った女性用下着や衣料。恥ずかしくはないですが、なんか情けなかった。悪い予感はこんな所で的中です(涙)
 その後バスで三宮へ出て、事務所まで重い荷物を引きずりながら帰りました。事務所は3階で階段のみ。もうね、事務所にたどり着いた段階で疲れ果てましたよ。
 ホントはお土産持って何件か行こうと思ったのですが、そんな気力はこれっぽっちも残っておりません。
 大きなカバンから自分の下着(使用済み)を小さなカバンに詰め替え、トボトボと帰宅しました。

 正直言って、もうしばらくは中国いいです。金貰ってもしばらく行くつもりはございません。行くなら観光ツアーにして下さい。
 次行く海外は南国リゾート希望という事で豚
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
上海3日目 11/04
今日も朝からどんより
 今朝も朝からどんよりした空。街はいつもスモッグの中。書き忘れてましたが、空気が独特の匂い。たぶん練炭を燃やした時の匂いだと。
 都市部だと言っても、ビルの裏にボロボロの家が建ってたりするのが今の上海。ホテルの裏をタクシーで通ると、路地に飲食店の看板。値段は4元〜6元(1元=約14円)。大卒で月給2万〜3万円程度。日本の物価の6〜7分の1位だそう。
ビルにはとりあえず何か付いてます(笑)
 車窓から見るビルは皆高層で、屋上には何かしら飾りらしきモノが付いている。ちょっとでも他のビルより高く見せる為か?
 今日も豫園の市場へ行くのだが、カメラマンS氏から「持って帰ってくれ」と受け取った荷物はカバンのほとんどを埋め尽くす。自分の着替えがかろうじて入る程度の隙間は有りました。
 そんな訳で、大きなお土産は断念。出来るだけ小さなモノを物色します。午前中は市場をグルグルと。目星を付けて、昼食後に買いに行きます。
 さて昼食は、地元民位しか行かないであろう軽食コーナーみたいな所。システムがさっぱりわからず、通訳のR氏が居なかったら諦めて別の所へ行ったでしょう。
 私は牛バラソバ(10元)を注文。量が多いのと、やたら油っこいのがキツいです。皿を傾けると、1品位の料理出来る量の油がだらり。ひたすら油切りしながら完食しました。かなりキツい(笑)
 喫茶店で出てきた水でキャベジンを飲みます。R氏が珍しがって見てるので、キャベジンの説明をして1回分を渡します。「今度来る時はイッパイ持ってくるね」と言っておりました(笑)
 午後からはお買い物。実質最終日なので、今日買わないともう買えません。市場の中の携帯ストラップ専門店へ。S氏が大量に買う中にお土産用の中華チックなストラップを20本程混ぜました。後は点滅するキーホルダーを共同で10個程購入。夕方には撤収です。
 翌日早いので、F氏のマッサージサロンへも午後6時位に到着。F氏がえらく怒っております。何でも従業員が急に辞めるとか言い出したとか。F氏と従業員が緊急ミーティングを始めるとかで、私達だけで夕食へと出掛けます。
 日本食の店「里の水」という店へ行きました。中は日本料理と言うより居酒屋みたいな作り。みんな軽い物を注文。私はざるそばを注文しましたが、何か味が無いそばでした。
 またローソンで水を買い、ついでに寝酒用にチューハイ(キリン氷結中国バージョン)を数本購入。
 ホテルまで送ってもらい、S氏・R氏とお別れです。
松本電工って・・・・・
 シャワーを浴びてから酒を呑もうとバスルームへ。なにげに壁のコンセントを見ると「松本電工」と有ります。えらいパチもんですな(笑)
 中国バージョンの氷結は、微妙に味が違い、ちょっとアルコール分が少ないのです(写真撮るの忘れました)。
 翌朝7時に迎えが来るので、午後11時には就寝です。
 外は雨。なんだか悪い予感がするのですよ(笑)豚
| yoshi380 | 旅行・遠征 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>